戸山流とは

戸山流の歴史と特徴                                       

■歴史 

当流は大正14年陸軍戸山学校に始まり、昭和15年同校森永清剣術課長が中心とな         って、改定、交付された居合を源流とする。                            昭和20年9月、戸山学校はその72年にわたる歴史を閉じた。                   戸山学校は幕を閉じたが、森永先生を中心とする有志により、戸山学校でまとめられ         た居合を、大正・昭和の文化遺産として、後世に継承する努力が開始された。森永先         生の思いとは、元来居合に限らず武道とは実践の中から生まれるものであり、今後平         和が続くならば、「戸山流居合」とは日本史上最後の実践にもとづいてまとめられた         大変貴重なものである。森永先生は、かつて自ら研究し、制定し、公表した「戸山流         居合」を、新しい平和の時代に相応する居合に昇華され、老若男女が共に学べる「戸         山流」を確立、そして普及に努められた。                             この努力は引き継がれ、現在は第七代会長林敏和のもと、関西・中部の各支部、道場         また米国の道場においても、その精神、技の追及がなされている。                (追記)戸山流の歴史は、戸山流居合道会のホームページの「歴史」にその詳述があ         りますので、参考にされたい。(http://www.toyamaryu.net/t_history.html)              

■特徴 

「戸山流居合」は剣道の練達者は言うに及ばず、未熟者、初心者にもすぐに習得出来           る様に考案されたものであった。この理念をさらに発展させ、老人女子でも習得可能         な居合が追及され、「老若男女が共に学べる居合」となった。                   一方”技”としての特徴は、戦場での実用刀法から、武道としての居合に昇華させる努         力が続けられ、軍刀から日本刀による抜き付けの基本の見直しや、大技で斬ることを         原点とした斬突の技が磨かれ、現在に至っている。                        戸山流は、実際に”斬る”修練(試し斬り)に重きを置き、その最大の特徴は、            一、 立居合である                                      一、 一刀両断の大技を神髄とする                               であり、「心身を鍛えて活人剣に至る」をその極意とする。                

戸山流居合道会 第七代会長 林 敏和(平成24年4月~ )

技  法

■基礎居合(六本)                                         一本目 真向斬り  二本目 諸手突き  三本目 右袈裟斬り  四本目 左袈裟斬り          五本目 突きを擦り上げて、左袈裟斬り  六本目 擦り落として、真向斬り            

■本居合(八本)                                          一本目 前の敵  二本目 右の敵  三本目 左の敵  四本目 後ろの敵               五本目 直前の敵 六本目 前後の敵 七本目 左右の敵 八本目 多数の敵             

■奥居合八方抜き(八本)                                      一本目 前の敵 逆袈裟斬り  二本目 右の敵 水平斬り  三本目 左の敵 片手突き         四本目 後の敵 片手左小袈裟斬り  五本目 直前の敵 正面諸手真向斬り               六本目 左の敵 諸手右袈裟斬り  七本目 右の敵 諸手左袈裟斬り                  八本目 後の敵 受け流して諸手右袈裟斬り                            

■組太刀                                              ■連続技                                              ■試斬り 


「戸山流居合道発祥之碑」                                   

流祖森永先生が晩年を過ごされ、戸山流の発展、普及に努められた京都府京田辺市の            月読神社(つきよみじんじゃ)境内に平成六年に建立された。